貨幣の歴史

貨幣は、わたしたちの生活にはなくてはならないものであり、日々その機能や利便に大きな恩恵を受けているものになります。

こうした貨幣はその必要に迫られて生まれたものであり、こうしたものがない古代の時代には、多くのものが物々交換で行われていましたが、お互いに欲しいものが一致しないと交換できない、物の価値が変わってしまう、持ち運びが困難などの問題がありました。

また人が集まって増えるにしたがって、こうした物々交換の仲立ちになるように、貨幣の基となる物品貨幣が登場し、貝殻や穀物といったものが、この物々交換の仲立ちになるようになってきたのです。

物品貨幣が登場したことにより、今度はその貝殻や穀物が劣化したり、採取できる数に制限や揺らぎがあることから、金属などを加工してたものが物品貨幣の代わりをするようになり、これが現在の金属貨幣のもとになりました。

この金属貨幣は、劣化もしにくく運びやすく、また採取によって供給されるものではないため、貨幣として優れたものであったために、多く広がることになり、日本では文化の進んでいた中国の貨幣をモデルにして、宮本銭や和同開珎といった日本固有の貨幣を作るようになります。

しかしながら、日本の貨幣を作る技術が乏しかったり、また貨幣の原料である銅が不足するなどしたことによって貨幣が不安定になり、日本の貨幣はつかわれなくなってしまい、900年ごろから200年間は再び物品通貨に戻ってしまい、絹やコメなどが貨幣の代わりとなっていました。

こうした歴史が続く中で、日本にも経済力がつきはじめ、また農業生産能力が向上したことなどにより、人が多く集まるようになり、再び金属貨幣が必要とされるようになります。
このころから、中国との貿易も盛んになり、これを通じて中国の貨幣が日本国内で使われるようになり、これを真似した金属貨幣を造ったりなどして貨幣の利用が活発になり、江戸時代の初めまでの間、こうした中国からの渡来銭が貨幣の中心となっていなのです。

その後、天下統一をした徳川家康が貨幣制度を統一し、長きにわたってこの貨幣制度が利用されることになりますが、財政難などから貨幣を改鋳して増やしてしまったためにインフレが起こってしまいました。

やがて討幕の後、明治の新政府は長く続いていた貨幣制度を一新して統一し、1871年に新貨条例を制定し、貨幣の単位をそれまでの両から円へと改め、数進法に10進法を採用して、現在の貨幣制度の原形が作られました。

その後、1882年に中央銀行である日本銀行が設立され、1942年に通貨の価値を金と兌換することで定める金本位制度から、通貨の量を政府がコントロールしてその価値を調整する管理通貨制度へと変更され、現在の貨幣の環境が出来上がったのです。